拡張機能ページへひとっ飛び Go Extensions

Go Extensions
https://chrome.google.com/extensions/detail/cdlogpoaigpjcfjfllhjdaniobkjnkmg?hl=ja


この拡張機能をインストールすると
スパナアイコン>機能拡張と選択して飛んでいた機能拡張ページへ
ワンクリックで飛んでいけます。

アマチュアゲーム(インディーズゲーム)制作者のTwitterアカウントまとめ

マチュアゲーム(インディーズゲーム)制作者のTwitterアカウントのまとめです。
お名前を記述していませんが 作品のタイトル名を見れば 分かりますよね?

アカウント一覧

ゲームを作っているので よろしくです。


リスト機能をテスト中。
http://twitter.com/obake_/gamedev
※アマチュアゲームに限らずゲーム制作関係の人を追加しています。

Twitter+ついっこ+Twilogでレシピ集サイトを作る方法

ついっこ

ついっこ( http://twicco.jp/ )はTwitterのアカウントを利用し
そのアカウントをコミュニティにしてしまうWebサービスです。


あなたが @140recipes_jp( http://twitter.com/140recipes_jp )にレシピをつぶやくと
@140recipes_jpをフォローしている人たち皆へレシピが届きます。


あなたのつぶやきが

このようにつぶやかれます。

Twilog

Twilog( http://twilog.org/ )はTwitterでつぶやいた内容を
ブログ形式で保存してまとめておいてくれるWebサービスです。


このサービスのおかげで グンッと使いやすさが上がります。
例えば○○さんが最近つぶやいたレシピを試してみて気に入ったら
140recipes_jpのTwilog( http://twilog.org/140recipes_jp )に行き
右メニューにあるFriendsの下に並んだ@○○(数字)をクリックしてみましょう。


すると ○○さんが過去に発言したレシピの一覧が現れます。


また つぶやき検索を利用すると 食材名からレシピを検索したりも出来たりします。
試しに右メニューにあるつぶやき検索に「アボカド」と入れて検索ボタンを押してみてください。


このように食材名や料理名からレシピを検索する事が出来ます。


まだ実際に試していない利用方法ですが ハッシュタグTwilogに対応した画像投稿サイトを使って
つくれぽ(作ったレポート)も出来るんじゃないかと思っています。

@140recipes_jp #tsukurepo アボカドのヨーグルトサラダ作ったよー。http://画像のURL

という形でつぶやきを投稿し


※まだ#tsukurepoはありません。

右メニューにあるHashtagsから#tsukurepoをクリックすれば
画像と共にバーッと皆のつくれぽが表示されるんじゃないかな?
どなたか試してみてください。


以下のサイトが現在 Twilogに対応している画像投稿サイトです。

おわりに

Twitter( http://twitter.com/ )の登録がまだの人はメールアドレスのみで登録ができますので
ぜひ登録して @140recipes_jp( http://twitter.com/140recipes_jp ) をフォローしてみてください。


ついでに@obake_( http://twitter.com/obake_ )もフォローしてくれると嬉しいです。

気になるネットブックたち

COMPUTEX というコンピューター関連の見本市を見ていて 気になったネットブックです。
サブとして一台は欲しい。

7〜10時間稼動する低消費電力がいい。 Windows7は動かないとのこと。

VAIO type P や レノボ Pocket Yoga なような横長タイプ。 軽さや薄さに魅力あり。

これもSnapdragonベース。 OS には Android を搭載。
ファンレス・低消費電力・低発熱。

Android 搭載ネットブックAcer がいち早く発売する模様。


スマートフォンでいい気もするけれど 画面が大きいのも捨てがたい。

自動収集型オンラインマガジン Rarami

昨日からRaramiというサービスを試してみています。

シェルフという記事の入れ物にキーワードを付け
そのキーワードに沿って 記事を収集してきてくれるみたいです。

いまのところ

があります。


集めてきてくれた記事に対して
keep や skip spam などの判定をする事で
Rarami が学習していってくれるそうです。


まだ頭があまり良くないのか Androidの記事に

なんかが 紛れ込んでいたりします。
※どこかしらかにキーワードが入っているんでしょう。


他の人が作ったシェルフは誰でも見る事ができ

ここで新着シェルフが見られるようです。